仙台で刺青除去の痛みを少なく対応してくれる医療機関

痛くない方法で刺青を除去するなら

刺青やタトゥーを入れる人が増えてきましたが、一度入れると自分では消すことができません。それゆえ、後になって公開する人も少なくありません。就職や結婚に向けて刺青除去を考える人も多く存在します。仙台でも、刺青やタトゥーのことで悩みを抱えている人も増えていますが、除去となると痛みがどれぐらいになるのかも気になるところです。まず、まったく痛くない方法を選ぶのであれば、肌色のシールやテープで隠す、コンシーラを塗るといった方法があります。あくまで一時的に見えなくするだけなので、完全に消すことはできません。

どのような除去方法にするのかを決める

完全な刺青除去をするのであれば、やはり医療機関での治療も考えていきたいところです。仙台では美容外科や美容皮膚科が相談に応じてくれますので、まずは相談から始めてみましょう。仙台で提供されている除去の方法としては、まずはレーザーがあげられます。さらに、小さいものであればその部分の皮膚を切除すれば完全に消すことはできます。広い範囲に入れている場合は刺青部分の皮膚を削って目立たなくすることもできますし、皮膚移植で目立たなくする治療もあります。入れている範囲や色によっても最適な除去方法は変わってきます。いずれの場合も無痛での除去は難しいものがありますが、治療の際には麻酔が使われるので痛みはかなり緩和されます。麻酔は肌の表面に塗布する方法や、静脈麻酔、局所麻酔など様々な種類が用意されています。

皮膚を切らない治療も検討しよう

仙台で行われている刺青除去の治療では、皮膚を切る、削る治療が選ばれることがありますが、治療の際だけではなく回復時にも痛みを伴うことがあります。そのような場合は痛さを和らげる薬での対処が行われます。早い回復を得るためにも、美しい仕上がりにするためにもできるだけ技術力の高い医療機関を選んでおくことも大事です。できるだけ痛さを抑えるのであれば、皮膚を切らない治療も考えてみましょう。レーザー治療は黒い色への反応が良いことで知られていますが、通常のレーザー治療ではカラフルな色には反応が悪いという問題もありました。最近は赤や黄色などの明るい色にも反応が良いレーザーも登場しています。切開を伴う治療に比べてダウンタイムも短いのもメリットです。まったくの無痛というわけではありませんが、できるだけダメージを抑えたい、傷を少なくしたいという人にも向いている治療です。