仙台の医療機関でも採用をする最新のレーザー治療で刺青除去

多色の刺青にも対応のレーザー照射での治療

若気の至りで入れてしまった刺青を、のちに後悔する人は少なくありません。ひと昔前でいうと一旦入れてしまった刺青は、永久性で消すこと自体がほぼ不可能でした。難しいのレベルではなく消すこと自体が困難であり、医療の力を借りても傷跡が残る有様です。ところが日々進化を遂げる医療の世界は、たとえ刺青を入れた後でも綺麗に消すための治療を諦めることがありませんでした。現在仙台でも受けることのできる最新の刺青除去は、これまでになかったほどの仕上がりです。既に今の医療の世界で一般的にもなってきたのがレーザー治療ですが、ピコレーザーは負担が少なくて満足度の高い方法になります。従来よりも治療を繰り返す回数は少なくなり、濃い青や黒色だけに対応ではありません。様々な色の除去にも対処可能であり、最も注目を集めているレーザー除去治療法です。

刺青を医療機関で除去する際にかかる費用の目安

信頼の医師在籍の仙台の医療機関では、最新の治療方法での刺青除去にも積極的です。もっと評価を得ているのはマシンを使った照射治療ですが、これまでのやり方では切開法や削皮に皮膚移植法になどもあり、それらは現代でも行われています。費用面や仕上がりに医療機関にかかる期間も異なるため、医師とよく相談して最終的に決めることです。手のひらほどの広さの切開をすると、費用面は大体20万円であり、切開法の場合はこれを目安に費用を計算してみることができます。部位にもよるものの皮膚移植法を選んだ時、費用は数百万円にも上ることがあり、かなりの高額になるため安易には決められません。削皮なら手のひらくらいの広さで15万円くらい、皮膚再生には長い時間が必要です。最も費用面にも施術も優しいのは、レーザーを使った治療になります。

従来の除去の治療よりも大幅に痛みも軽減

激痛で耐えることができないのではないか、刺青除去を検討する人にはありがちな不安です。治療方法により激痛を伴うことはありますが、仙台のクリニックで採用をする最新の治療方法ならその限りではありません。特に話題を集めるのはレーザー治療であり、色素を照射する衝撃波により破砕することから痛みも大幅にダウンです。ある程度の刺激があるのがレーザーですから、全くの無痛とはいかないまでも、これまでのやり方よりはずいぶん楽に受けられます。黒色以外には反応の良くなかった従来のマシンとは違い、新しいレーザー機器は様々な色にもアプローチが可能です。まずは医師とのカウンセリングから始まり、照射をする部位には保護のために、創傷被覆材を張り付けたり軟膏を塗るなどします。照射は丁寧に行い、施術後の注意やアドバイスもあるので安心です。